Top Page || FITSとは

FITS 画像(データ)を扱うソフトについて

ここで紹介するソフトは、 Windows OS などのパソコン上で比較的簡便にFITSデータを扱えるフリーウェアのソフトを中心に選んでいます。より本格的な解析ソフトに関しては、その他の情報ソースに挙げたようなサイト等を参照してください。

すばる画像解析ソフト:Makali`i

国立天文台が(株)アストロアーツと共同で開発した教育用FITS解析ソフト。 天文・教育普及目的であれば、誰でも自由に使用することができる。【日本語/英語】

FITS画像の表示の他、スペクトルデータのグラフ表示、測光、ブリンク(複数画像を短時間で切り替えて表示することで画像同士を比較する機能)等の機能が備わっている。

企画・開発には PAOFTS WG も協力しました。

詳しくは、下記の Makali`i 配布ソフトへ。

Makali`i 配布サイト

その他のソフト

Windows 上で動作するソフト

QFITS(http://jahou.riken.go.jp/~koike/QFITS/
日本ハンズオンユニバース協会(JAHOU)で、教育カリキュラム用に開発されたソフト(開発者は小池 邦明 氏)。【日本語】
FITS 画像表示の他、測光、特定部分をスライスしたプロファイルのグラフ表示、等の機能が備わっている。
【関連サイト】北の丸望遠鏡(KIT)の画像公開サイト(http://jahou.riken.go.jp/kit/Images.html
BeSpec(http://www.bao.go.jp/soft/bespec/
美星天文台 川端 哲也 氏により開発されたスペクトルデータの解析用ソフト。【日本語】
FITS データの表示はもちろんのこと、スペクトルデータの解析機能に加え、一次処理といわれるデータ整約の為の機能も充実している。
SAOImage ds9 (http://hea-www.harvard.edu/RD/ds9/
Smithsonian Astrophysical Observatory により開発された FITS 表示ソフト。【英語】
本来は FITS ビューア(表示ソフト)だが、簡単な解析機能も備えている。どちらかといえば研究者向け仕様のため英語版のみだが、Windows, Macintosh (Mac OS X), Unix (Solaris, Linux, ..) の各OSに対応している。
fv(http://legacy.gsfc.nasa.gov/ftools/fv/
NASA の開発による The Interactive FITS File Editor 【英語】
どちらかといえば研究者向け仕様のため英語版のみだが、Windows, Macintosh (Mac OS X), Unix (Solaris, Linux, ..) の各OSに対応している。扱おうとしている FITS データが FITS の規約に法っているかどうか怪しいときには非常に有用。

Macintosh 上で動作するソフト

Mac OS X はベースが UNIX のため、FITSデータ解析ソフトだけでなく、元々 UNIX OS上で使われていたソフトが多数移植されています。

SAOImage ds9 (http://hea-www.harvard.edu/RD/ds9/)(Mac OS X)
Smithsonian Astrophysical Observatory により開発された FITS 表示ソフト。【英語】
本来は FITS ビューア(表示ソフト)だが、簡単な解析機能も備えている。どちらかといえば研究者向け仕様のため英語版のみだが、Windows, Macintosh (Mac OS X), Unix (Solaris, Linux, ..) の各OSに対応している。
fv(http://legacy.gsfc.nasa.gov/ftools/fv/
NASA の開発による The Interactive FITS File Editor 【英語】
どちらかといえば研究者向け仕様のため英語版のみだが、Windows, Macintosh (Mac OS X), Unix (Solaris, Linux, ..) の各OSに対応している。扱おうとしている FITS データが FITS の規約に法っているかどうか怪しいときには非常に有用。

UNIX OS (Linux, Solaris, BSD, etc.) 上で動作するソフト

UNIX OS 上で動作するFITS解析ソフトは、研究者が使う本格的な解析ツール(NOAO IRAF など)が主流であり充実していますが、その種の解析ソフトが必要な方は The FITS Support Office (NASA)(本家のページ)をご参照ください。

より簡便な表示ソフトウェアとしては...

SAOImage ds9 (http://hea-www.harvard.edu/RD/ds9/
Smithsonian Astrophysical Observatory により開発された FITS 表示ソフト。【英語】
本来は FITS ビューア(表示ソフト)だが、簡単な解析機能も備えている。どちらかといえば研究者向け仕様のため英語版のみだが、Windows, Macintosh (Mac OS X), Unix (Solaris, Linux, ..) の各OSに対応している。
fv(http://legacy.gsfc.nasa.gov/ftools/fv/
NASA の開発による The Interactive FITS File Editor 【英語】
どちらかといえば研究者向け仕様のため英語版のみだが、Windows, Macintosh (Mac OS X), Unix (Solaris, Linux, ..) の各OSに対応している。扱おうとしている FITS データが FITS の規約に法っているかどうか怪しいときには非常に有用。
xv(バージョン依存の可能性あり?)
JPEG や GIF などと同様に画像として表示することができる。


その他の情報ソース



お問い合わせは

paofits (at) paofits.nao.ac.jp
まで(“(at)”の部分を半角のアットマーク“@”に置き換えてください)。
(c) 2002-    PAOFITS WG